徹底した液管理、素材・汚れ具合にあった時間の少数洗浄により、細かい対応が可能です。
ドライクリーニングは衣類にやさしく、油汚れに最大の力を発揮します。
落ちにくい汗などの水溶性汚れは、シミ抜き、ウェットクリーニングによってカバーできますので、必要に応じてご用命下さい。
 
クローゼット型の立体静止乾燥機はハンガーに掛けた状態で乾燥いたしますので、衣類を傷める心配がありません。
従来型のタンブラー(回転式)乾燥機で問題となっていた、ボタン割れ等の事故はほとんど起こりません。
 
上着やコートは、人体型の仕上げ機で衣類のシルエットを崩さぬよう、内側からソフトに仕上げていきます。
その後残された細部に関しては、職人が丁寧に手仕上げいたします。
特に襟元には細心の注意を払います。
 
一点、一点丁寧にプレスしていきます。特に折り目には細心の注意を払って仕上げていきます。
まずは腰周りをプレスした後、両足部分をプレスします。
プレス機の上に形を整え綺麗にセットしたら、後は機械力を最大限に生かして折り目長持ち。
シミは色々な成分からできているので、見ただけではなかなか判断しづらいものです。
当社では長年の経験を積んだ職人が、様々な薬品と道具を使用し、素材や色に注意しながら慎重に取り除いていきます。
クリーニングの中でも一番の技の見せ所です。
ご家庭のアイロンだとどうしても、シャキっとしないと感じたことはありませんか。
ワイシャツは機械でプレスすることによって、光沢が出てハリのある仕上がりになります。
尚、当社ではたたみしわ等が最もつきにくいハンガー仕上げをお勧めいたします。